福岡市で水道・トイレの(詰まり・水漏れ)修理

詰まり・水漏れの修理

福岡市で水道の修理解決

福岡市で水漏れ・詰まりなどの水道修理でお困りの時には、ご連絡下さい。「排水が詰まって水が流れない!」「便器の水が今にもあふれそう!」。そんなトイレのトラブルだからといって正しいトイレ修理に関する知識もないまま慌ててトイレ詰まりを修理しようとするのは症状を悪化させてしまうケースもあります。福岡市で発生する水まわりの水漏れ・詰まりなどの水道修理に昼夜駆けつけ解決しています。水道修理がいつ必要になるかということも判別できないので困ったいるときにお声がけ下さい。

福岡市の水道修理

福岡市でトイレの水漏れや詰まりを修理

水道の修理対応

トイレの修理
トイレ詰まり、トイレの排水の漏れ(水漏れ)や詰まり、便器から汚水が溢れてくる、トイレに物を落とし詰まった、チョロチョロと便器に水が流れ続ける、水が止まらない、トイレタンク内で水が漏れる音がする、トイレの流れが悪い、トイレを流すとゴボゴボと異音がするなど
キッチン(台所)の修理
台所(キッチン)の蛇口の水漏れ、水道・パイプの水漏れ、流し台やシンクの詰まり、キッチンシンクと床の隙間から水が漏れてくるなど
風呂(浴室)の修理
風呂の蛇口・シャワーの水漏れ、浴槽・ユニットバスの排水管の詰まり、浴槽の排水管に物を詰まらせた、風呂場の給排水設備の故障など
洗面所の修理
洗面台や洗濯機用の蛇口や洗濯板や床からの水漏れ、洗面台の床下の隙間から水もがれてくる、洗面所の給排水設備の故障、洗面所の水道修理全般
下水管・排水管の修理
下水管や排水管が詰まってる、下水管から異臭、グリストラップの溢れや水漏れなどの修理全般
その他の水道修理
高圧洗浄・漏水調査、ポンプ修理・交換、給排水設備の補修、表記以外の水道修理に対応。

水道修理の基本料金
作業内容 ネット割引料金
蛇口の水漏れ1,980円 から
トイレの詰まり・水が溢れてくる3,080円 から
トイレ内の水漏れ・流れが悪い1,980円 から
排水溝・排水管の詰まり3,080円 から
蛇口の修理1,980円 から
水道管・パイプなどの水漏れ1,980円 から
グリストラップの詰まり3,080円 から
漏水調査及び悪臭調査3,800円 から
高圧洗浄作業17,600円 から

※ 基本料金表示は、すべて税込み・キャンペーン割引含む料金表示となっております。

水道修理依頼で一番多いのがトイレの故障です
水まわりで一番多くご使用される場所が便器やトイレです。使用頻度が高いのでつまり等のトラブルが発生し修理依頼が多いのがトイレだと言えます。

トイレつまり トイレ(便所)は、欠かすことのできない場所であり必然的な人間の生理現象で1日に何度も水をご利用になり排水し流す箇所です。個人差がありますが使用頻度に比例してトラブルが起きる可能性も高くなっていきます。
トイレつまりの一番の原因はトイレに流してはいけないものを流してしまったことで詰まらせてしまったな修理案件が多い。その代表格がティッシュペーパーです。トイレットペーパーがなかったからといってティッシュペーパーを代用しないで下さい。水に溶けやすいものであっても、トイレットペーパーより固くできているので詰まる可能性があります。また、お掃除用のペーパークリーナー等も水溶性のものがありますが、トイレットペーパーと比較して固いので詰まる可能性が高いです。その他、生理用ナプキンを誤って便器に流してしまったり、ポケットの中に入っていた財布やスマートホンを流してしまうことやお子様が誤っておもちゃなどを落として詰まらせることもあります。
ラバーカップ(カツポンやスッポンとも言う。)を使っても解消されないようなトイレつまりは、下水管で詰まっていることがあります。小便器で起きた時には、尿石や水垢が原因の可能性も考えられます。臭いがするようでしたらそのような下水トラブルの可能性が比較的高いです。

トイレに水が流れない・タンクの水がたまらないケース
タンクのレバーを回しても水が流れなかったり、チョロチョロと少ししか水が流れないことがあります。洗浄水が流れにくい症状で、トイレットペーパーを少しだけ流してみると排水していかない(流れていかない)ので、そのまま詰まってしまうことも想定できます。タンクに正常に水が貯まらないと洗浄の水が流れにくくなります。まれに、タンク内部にペットボトルや洗浄剤などが入っていると、それが、ゴムフロートに引っかかっていることがありますのでタンク内を点検してみて下さい。また、ゴムフロートが劣化していて隙間から水漏れしている可能性もあります。その場合は、新しいものに交換するといいでしょう。
タンクの給水が止まらない
トイレに水を流した後に手洗い管の水がずっと流れたままになってしまうケースは、タンクレバーのハンドルについている玉鎖が切れていたり外れてしまっていることが考えられます。本来なら、タンク内の水を排水する弁を閉じて止水するのですがそれができない状態だと水が流れ続けてしまいます。こんな場合には、一度タンク上蓋を開けて玉鎖がどうなっているか確認してみるとよいでしょう。
ウォシュレットからの水漏れ
ウォシュレットは、家電製品です。従って、対応年数もあります。長年使っているとウォッシュレット本体やノズル部分から水漏れしてくることがあります。駆動部や部品として使われているゴブ類が経年劣化や汚れによって起きる撮らぬるなので、こんな場合には、製造メーカーのサービスに修理依頼するか販売店に修理してもらうとよいでしょう。また、当社でも修理対応させていただきます。できるだけ、日ごろのお手入れを気をつけて予防するとよいでしょう。
トイレの水位が下がる時の原因
蒸発
トイレを長期間使用せず放置していると便器に溜まっていた水が蒸発してしまいます。特に夏場など気温が高い日が続いている場合には封水が蒸発して下水の臭いがすることもあります。
毛細管現象
液体には、細い隙間や溝に入り込もうとする性質があり液体の粘度が低いほど、その性質が強くなります。この現象がトイレ内部で起こることがあります。水を流したとき水量が不十分だった場合、排水トラップ上部にトイレットペーパーが残ってしまうことで毛細管現象が起こり徐々に水がトイレットペーパーに引き寄せられてしまうことで便器内の水が減っていきます。
サイフォン作用
便器には、臭いを発生させないために封水があります。その封水をためる堰をのりこえて汚物や紙類を洗い流すために利用されているのがサイフォンの原理です。排水管に曲がりを多用した場合や勾配の問題がある場合など、サイフォン現象の作用が適切に働かずに封水の量が減ってしまうことがあります。
誘引現象
2階以上の建物でトイレ排水した場合、封水が排水立管に流れ出してしまいます。トイレでも同様の現象が発生することがあります。この場合、通気管を設置するなど排水通気の改善が必要となります。水位が下がる原因は、いずれもトイレの詰まりが直接的な原因ではありません。封水の水位が減ってしまった場合、ご自身で可能な対処法としては、まず「大量の水を一度流す」ことです。大量の水を流したあと、封水の量が回復すれば良いですが変化がない場合には排水設備の見直しが必要になることがあります。

福岡市の賃貸住宅における修理依頼先
福岡市における賃貸住宅での水道修理依頼先としては、以下のような選択肢があります。
管理会社
賃貸住宅を管理している会社に直接修理依頼をすることができます。契約上の義務として、管理会社が修理やメンテナンスに対応する場合が多いです。賃貸契約書や管理規約に基づいて手続きを進めることが求められる場合があります。
オーナー(家主)
賃貸住宅のオーナーに直接修理依頼をすることも可能です。賃貸契約書や連絡先の情報を確認し、オーナーに連絡して修理の相談や手続きを行います。
水道業者
緊急の水道修理が必要な場合や管理会社やオーナーとの連絡が取れない場合は、直接水道業者に修理依頼をすることもできます。福岡市内には多くの水道業者が存在し、インターネットや電話帳などで検索して連絡を取り、修理の相談や手配を行うことができます。

修理依頼先の選択は、賃貸契約や管理体制によって異なる場合がありますので、まずは賃貸契約書や管理会社との連絡先、連絡方法について確認しましょう。また、修理にかかる費用や手続きについても契約書や管理規約を確認し、必要な手続きを適切に行うようにしましょう。

お客様の声
トイレ修理をお願いしました。|福岡市
何があったのかというとトイレのパイプから水漏れしていて水が何だか垂れているみたいで毎回ではないのですがかなりタンクの上まで水が上がってくることがあったのです。詰まるという話はよく聞きますが水が上がってくることなんてあまり聞いたこともなく少しパニックになりながらトイレ修理をお願いしました。私はやはり焦っていたのか業者の方から大丈夫ですよと声をかけていただき落ち着くことが出来ました。その後もトイレ水漏れ修理作業は順調に進みました。原因もしっかり説明してくれて安心することが出来ました。

蛇口の水が止まらいトラブル|福岡市
蛇口の水が止まらなくなって大家さんに電話しても不通でどうしたらいいのかパニックになっていました。偶然にもネットで調べてたら蛇口の水道修理をしていると書いてあるホームページをみつけて止水の仕方が書いてあったので利用しました。また、お電話でも丁寧にいろいろ教えてもらえて嬉しかったです。大家さんと連絡が取れて蛇口修理をしてもらうように手配してほしいといわれて水漏れの水道修理も快く応じてくれて感謝しています。次も水漏れや詰まりなどで水道修理があればお願いします。

水道設備の故障|福岡市
台所のキッチンシンク下にある収納棚に食器とか食材を収納しているのですが、ある日、キッチンの収納庫が水浸しになっていました。主人に話して見てもらったところ、キッチンシンク下の円筒形の筒の部分にヒビが入って水漏れしていました。主人は、水漏れをしている部分に防水テープを貼ってくれたのですが、そんなことで水漏れが解決する事もなくて数日経ったら同じように水漏れが起こってしまいました。共稼ぎなので夜しか家に居なく夜間の水道修理ができると言うことでお願いしました。割れている部品の交換作業もあっという間に直してくれました。


福岡市の水道修理総合サポート
copyright©2018 福岡市の水道修理隊 all rights reserved.